2017年11月20日

カバの床の広々リビングがある家

【K様邸でのこだわりのポイント】
いろいろな勉強会やセミナーにご出席され、家のことを本当によく勉強されていたK様は家族のライフスタイルによって、建てる家のスタイルが変わることを熟知しておりました。さまざまなライフスタイルがあるように、それぞれのご家庭に適した家のスタイルも違ってきます。オール電化の方がランニングコストが節約できるのか、またはガスを併用した方が良いのか。
ライフスタイルを考えた結果、K様のお家はガスを併用したライフラインにしました。

【プランニングでのポイント】
K様は最初は床の雰囲気はパイン材がいいとおっしゃっておりました。一方で、パイン材は柔らかく暖かみのある材料ですが、傷がつきやすいという欠点もあります。
そのため、パイン材と同じような色合いで、ハードウッド(堅い木)のような性質を持つ床材をご所望されました。その結果、カバのフローリングを使用することになりました。カバのフローリングは同じハードウッドの白系フローリングであるナラに比べ、目がおとなしめで張り上げた後の雰囲気はパイン材のようなかわいらしさ、ぬくもりを演出してくれます。

リビングから上がる階段は、家族が顔を会わせやすくする間取りのポイントです。お子様が小さいので、しばらくは1階の和室でご家族そろって寝るそうですが、数年後にはきっと、「この間取りにしてよかった!」と思う日が来ると思います!

収納不足になりがちな場所の代表として、洗面室が挙げられます。収納不足にならないよう、稼働棚をつけることで対策をしております。また、洗面化粧台にも一工夫が。鏡と化粧台の間に、アクセントとしてモザイクタイルを貼って、雰囲気アップ!

トイレにもちょっとした収納スペースを設けました。殺風景になりがちなところだからこそ、ワンポイントのアクセントになりますね♪

ページトップへ

男の秘密基地!インナーガレージがある家

【H様邸でのこだわりのポイント】
車が趣味のご主人様のご希望で、インナーガレージのある家になりました。もちろん、ガレージはご主人様のお部屋の隣で、お部屋からすぐに出入りができるようになっています。もちろんお部屋からはいつでも愛車を眺めることができるプランとなっています。

【プランニングでのポイント】
インナーガレージが1階の面積の半分以上を占めることから、2階にLDKを配置するプランとなりました。2階のLDKは日当たりもよく、天井高も高くとれるため、開放感が抜群です。

朝の忙しい時間帯に順番待ちにならないよう、洗面化粧台は2人が並んで身支度ができるように広々としたカウンタータイプの形にしました。

2階の南面はバルコニーとなっていて、日当りと開放感が最高です。

ご主人様のお部屋から眺めるガレージは男のロマンを感じます。男性なら憧れてしまう眺めです。

ページトップへ

素敵感が漂う真っ白な室内の家

【Y様邸でのこだわりのポイント】
Y様のお宅の敷地は、いわゆる『旗竿地』です。敷地の一部を道路部分として使わなければいけないことから、実際に家を建てる敷地に限りがある土地です。こういった敷地の場合は間取りにも一工夫が必要で、Y様のお宅は1階よりも2階の方が面積が広くなっています。

【プランニングでのポイント】
Y様のお家の家事導線はとても短くなっています。キッチンを中心に洗面室やトイレなどの水回りが周辺に配置されているためです。また、LDKからそれぞれの部屋に行く動線となっていて、ほとんど『廊下』がありません。そのため、面積以上に広さを感じるお家となっています。

外観の色は『黒』をベースに『白』のアクセントを入れてきましたが、室内は明るいイメージにしたかったこともあり、『白』をベースにしました。

シンプルな色遣いだからこそ、こういった扉のデザインがアクセントになります。アクセントを取り入れる場合、色もしくはデザインでアクセントをつけますが、Y様のお宅では後者となっています。

ページトップへ