誇り

社長の小野田です。
先日、ちょっと誇らしいことがあったので、そのお話です。

宝永技建の建てる家には
様々な職人さんや業者さんが関わります。

そんな中、とある業者さんと打ち合わせをしていた際、
「宝永さんの現場は、どの現場もとてもきれいにされていますね」
とありがたいお言葉をいただきました。

その業者さんは、宝永技建だけでなく、
いろんな住宅会社の工事を請け負っているので、
多くの現場を見ています。

そんな方から、
「現場がとてもきれい」
と褒められるのは、本当にうれしいです(^-^)

以前も、
第3者検査をしてくれる
検査会社の担当者さんからも、
現場の整理整頓、資材の雨養生は褒めていただきました。

これは、
現場監督と、現場の職人さんたちの
毎日の積み重ねによるものだと思っています。

以前の宝永技建の現場は、
「きれい」とは言えない現場も中にはありました。

毎日の作業後の片づけがされておらず、
資材が散乱している現場も中にはありました。

それを、
改善するため、
職人さんたちと話し合ったり、
現場監督が毎日片づけに回ったり...

そうすることで、
職人さんたちも協力してくれて、
現場がどんどんきれいになっていきました。

先日の台風の時も、
現場巡回に行きましたが、
飛びそうなものは室内に移したり、
足場の補強もしてあったり、
万全の備えでした。

現場監督、職人さんたちには本当に頭が下がります。

現場への「愛情」がビシビシ伝わってきました(^^)/

宝永技建の家は、
現場を愛してやまない現場監督と、
職人さんたちの手によって、造られています。

一緒に仕事ができることを、私はとても誇らしく思います。


不動産フェア開催!

今年の秋は例年に比べ、不動産物件が少なく、
少々、物足りない感じがしますね(*_*)

特に土地物件が少なく、
新しい分譲地の情報もないので、
さみしい限りです(*_*)

ただ、その反面、
中古住宅の物件量が多く出ているのが、今年の特色でしょうか。


さて、そんな中、宝永技建では
久しぶりの不動産フェアを開催いたします。


物件数が少ない今だからこそ
「選び方」が大切になってきます。

ところが、
多くの方が、不動産の選び方、
買い方、話の進め方がよくわかっていない状況です。

そんな方は、
ぜひこの機会に、
土地選びのプロである私たちにご相談ください。

プロの不動産の選び方は
一味違いますから(^_-)-☆


不動産に興味がある方、
不動産を探し始めた方も
是非お気軽にご来場ください♪

tirasi10.12.png


家の性能を左右する断熱材

宝永技建の家づくりのこだわりの一つに
『断熱材』があります。

デザインや間取り以上にこだわっているかもしれません(*^^*)

私たちが住む、
御殿場市周辺の気候は、静岡県の中で、
最も過酷といってもいいと思います。
断熱地域区分でいうと『5』地域です。

これは
新潟県の新潟市なんかと同じ断熱地域区分になります。

要するにそれくらい『寒い』ってことです(*_*)
冬には水道が凍ってしまうこともありますもんね...


そして、『寒さ』と同じくらい私たちを悩ませるのは、
標高が高い地域ゆえの、
猛烈な『湿気』。

梅雨時期は霧の発生率が高く、
収納の内部はカビだらけ
なんてことも経験があると思います。


もう一つ御殿場市周辺の住環境の大きな特徴として、
『音・振動』
がありますね。

演習場があるので、砲撃などによる『音・振動』は
この地域ならではです。

長年住んでいると慣れてはきますが、
慣れていないとびっくりするような音と、振動ですもんね...


ですから
御殿場市周辺で長く快適に住むためには、
『寒さ』・『湿気』・『音・振動』
の対策が必要になるのです。


だから、宝永技建の家づくりは
『断熱材』にこだわるのです。

あたたかくて、
湿気を調整してくれて、
静かな家
を造ることが宝永技建の家づくりなのです( `ー´)ノ


そのために、
断熱性能、調質性、防音性を兼ね備えた
紙から生まれた断熱材
『セルロースファイバー』
を使っています。

IMG_0187.JPEG

今日から3日間、
セルロースファイバーの断熱材の家を見ることができますので、
ぜひご来場ください。

あ、
もう一つ大切なことが、
セルロースファイバーは紙を砕いて作った断熱材です。
ということは、
もとは『木』です。
自然素材なんです。

そう、
健康住宅には
セルロースファイバーが欠かせないんです!!
IMG_0189.JPEG

お医者さんがおススメしたくなる家!
アレルギーをお持ちの方、体験してみてください!

手形に思いをのせて

先日、
T様邸の現場で、手形式を催しました。

家創りは、お施主様ご家族にとって、
人生最大のイベントです!

ご家族全員の記念に、
手形を押し、家に魂を入れます!

F7AB46E6-5AAB-4161-9CA1-BCCB4DBA1E87.jpeg


9004EC77-556C-4ADC-A988-0410A14C64BA.jpeg


ご家族の思いが家にも伝わり、
いい家となって行くことでしょう!

台風などで被害が出た場合

先日の台風で被害にあわれた方に心より、お見舞いもうしあげます。

一日でも早く、日常生活に戻れますよう、お祈り申し上げます。


さて、
近年、上陸する台風も
「戦後最強」、「過去に例のない」
など、今まででは考えられない進路や勢力のように感じます。

また、
台風でなくとも、
「線状降水帯」、「爆弾低気圧」
による大きな被害もでています。

自然の力の大きさをただただ、感じさせられますね(*_*)

住宅におきましても、
ある程度の強風や地震、降雨には
耐えられますが、
想定外のことが起きますと、
そうはいきません。
家にも、被害が出てしまうこともあります。


そんな時に頼りになるのが、
火災保険や、地震保険などの「災害保険」です。
台風などの「風災」、「水災」などは主に
「火災保険」で壊れてしまった家の修理費用がまかなえる可能性が高いです。

「火災保険」は火災以外に適応ができないと
思い込んでいる方も多いようですので、
改めてブログに書きました。

ただ、火災保険でカバーできる内容は
保険会社などで違いますので、
改めて保険証券をご確認しておくといいと思います。


本格的な台風シーズンがやってきますが、
被害が少ないといいですね。

リフォームあるある


リフォームでよくあることなのですが、
築年数が経っているお家の柱などは
真っ直ぐに立っているとは限りません。


下の写真を見てください。

A858C292-6B95-4FD0-8B83-C440FD1A69C4.jpeg

赤い丸印のついた柱は
真っ直ぐに立っていません。
手前の柱は画面右方向に
1㎝倒れており、
奥の柱は画面左方向に倒れています(O_O)

そのまま壁材を張ってしまうと、
2㎝の狂いが生じてしまいます。

そうならないために、
調整材を張るなどして、
真っ直ぐにしていきます。

柱一本一本、
調整することもあります。

柱だけでなく、
床の水平がとれていないお家も
中にはありますので、
そういったところも、
調整したりもします。

ですから、
リフォームは
新築以上に手間がかかることもあります。

それでも、
「今あるものを大切に使う」
ことが私たち日本人には美徳として
残っています。

良いことだと思います^_^

今あるものを
後世に残していくことも、
私たちの大切な仕事なのかなと
思う今日この頃です。

真夏の上棟

8月は上棟を迎えるお家が続きます^_^

8月29日はN様のお家も
上棟を迎えました。

職人さん達も
暑い中、頑張っておりました。


上棟あるあるですが、
基礎工事の間は
家は小さく見えるものです(^^)

ところが、
上棟を迎え、
建物に高さがでてくると、
「やっぱ、大きいや!」
と改めて感じます(^-^)
67924c13395f1c9e537492467427fae8faa13eb6.jpeg

これから
家に個性が現れてきます。
見ていて、一番楽しい時期です^_^

水廻りフェア

今日から学校が始まったようで、
朝の道路には子供たちの元気な声が響いておりました(^-^)

一昔前は、
学校が始まるのは9月からだったと思うのですが、
夏休みはいつの間にか短くなってしまったのですね...

さて、今週末は
キッチン、お風呂のメーカーとしても知られる、
『クリナップ』さんとのコラボイベントが
『ごてんばふじざくら』で開催されます。

家を新築しようと持っている方、
家をリフォームしようと思っている方、
はたまた、
新築も、リフォームも考えてないけど
なんとなく楽しそうだから♪
という方も大歓迎です!!!

お祭り感覚でお気軽にお越しください♪

20190826102453821_0001.jpg20190826102453821_0002.jpg

断熱構造見学会

台風も過ぎ、今日は暑くなりそうですね(*_*)

週明けから仕事の方も多いようで、
そろそろ頭の中を切り替えていかなけらばならないですね( 一一)

現実の世界へ戻らねば...

さて、来週末、宝永技建では
断熱構造見学会を開催します!!


kengakukai8.24.pdf

宝永技建の家づくりは
断熱材にこだわったいます。


御殿場ですから冬寒いですし...

中途半端な断熱工法では
はっきり言って冬の寒さに耐えられません!


吹き抜けやリビング階段も
家全体の断熱性能が高くなければ
暖房費がかさみ、後悔のもとになります。

そうならないためにも、
どんな断熱材が家の性能を上げてくれるのか
知っておく必要がありますので、
ぜひ今回の見学会にお越しください!