分岐点

社長の小野田です。
突然ですが、
家づくりで特に土地探しからお考えの方には、
今年の春は大きな分岐点になると、
私は考えています。

というのも、
昨年の春は売り土地物件が少なく、
中古住宅の多さが目についていましたが、
今年は、徐々に土地情報も上がってきております。

そんな中、
日本中、いや、世界中で
猛威を振るっている、
新型コロナウイルス。

学校が休校になったり、
飲食店、観光、娯楽業の経済活動が
ほとんど止まってしまっていて、
日本全体に先行きの見えない、
不安感が漂っています。

その影響は不動産売買にも大きく影響し、
不動産の購入を先送りにしたり、
あるいは取りやめたりするかたも出てくると思います。

売地物件の供給数が少しずつ上向いてきている状況で、
需要が落ち込むため、
例年よりは、
競争率が低くなると思われます。

ということは、
より良い物件を変える可能性が
高くなると言えるでしょう。

今後の先行きが不安で、
大きな買い物を避けたい気持ちは当然です!

ですが、
見方を変えれば、
より良い物件を買うチャンスが来ているのです。
しかも数年に一度、
あるかないかの。

PageTop