パインの床

前回のブログでは、
無垢フローリングと複合フローリングの違いを書きましたが、
今回から数回に分けて
無垢フローリングの『樹種』による違いについて書いていこうと思います。


今回ご紹介するのは「パイン」です。
DSC_0812.jpg

宝永技建のショールームもパイン材の床を張ってあります。

そのためもあってか、
宝永技建で建てた家の多くで、
パインの床が選ばれています。

DSC_2041.jpg

「パイン」は針葉樹なので、
木自体が柔らかく、『節』が多いのが特徴です。
輸入材がほとんどですが、価格も比較的安く、安定供給されています。

無垢材全般に言えることですが、
材料に含まれる『節』の多さによって価格が違います。
一般的に『節』の多い材料は安くなります。

前述のとおり、パインは『節』が多いのが特徴ですから、
『節』のない材料(無節と呼びます)は値段が跳ね上がります。

ですから
『節』が気になる方にはあまりお勧めできません(>_<)


ただ、柔らかい木特有の触った時のぬくもり、
張りあがった時の独特のかわいらしさは、
多くの方の心を引き付けています。


また、肌触りのよさから、
家の中でスリッパをはきたくない方、
お子様のいるご家庭には特におすすめの樹種となっています。

張りあがった時の色は白いのですが、時がたつにつれ、
黄色味のかかった飴色に変化していくので、
その変化を楽しむのも趣がっていいですね(^^♪